インターンシップinternship

こんなことしています

私たちは、インターンシップを、単なる就業体験や会社説明会の場ではないと考えています。
学生さんにとっては、社会人生活を肌で感じる初めての機会であり、自分の将来を大きく左右しうる重要な場でもあります。
だからこそ、企業側からの目線ではなく、開催時期ごとに学生さんが知りたい、見たい、体験したいことが何かを考えて、手作りのインターンシップを開催しています。

また、インターンシップに参加している時間は、学生さんも社員の一員です。基本的なビジネスマナーを体験したあと、1日の目標を設定、夕方にはふりかえりの時間を設けることによって、目的意識を持って参加できるように配慮しています。

こう感じてほしい!

まずは、建設コンサルタント業界の魅力を知ってほしいと思っています。
そして、建設事業の最上流で活躍することの楽しさとともに、キタイ設計社員のスキルを肌で感じつつ、自分がそこで活躍している姿を夢見てほしいと思っています。

そこまでではよくあるインターンシップに過ぎません。
昨年の冬のインターンシップでは、就業体験のあとで、就活直前セミナーと銘打ち、企業側の目線で就活を徹底解剖しました。

  • 面接での質問を意識したエントリーシートの書き方
  • 合同説明会、会社説明会で企業側が何を見ているか?
    また、学生側の目線で何を観察すべきか?
  • 面接で企業側が知りたいこと。
  • グループ討論会ではどのようなことに留意すべきか?
  • 就活中のレスポンスの重要性

ある学生さんが、「御社を受験する可能性がある私たちに、なぜそこまでのことを教えるのですか?」と質問されましたが、私はこう答えました。
「どこを受験するかはともかく、貴方たちが後悔することのない就活を送り、希望の会社に入って欲しいからです。」

結果として、キタイ設計に来てもらえれば嬉しいのはもちろんですが、最終的にどこかの会社に就職することが決まった時に、キタイ設計のインターンシップを受けてよかった!と感じてもらいたい・・・と思っています。

最新のインターンシップ情報を見る
20年卒対象インターンシップの内容
概要
「現場のi-Constructionと4つの専門コースで建設コンサルタントの仕事を3D体験」
先端技術の体験だけでなく、皆さんの興味をピンポイントに刺激する4つのコースを設定しました。また、冬季インターンシップでは、これらに加えて、、就活直前セミナーと題して、就活のポイントを企業側の目線から徹底解説しました。
期間 当日プログラム
9/10~12(3DAYS)
7名参加
1日目
オリエンテーション、ビジネスマナー、業界説明、社内見学
ドローンや3Dスキャナーを使った現況図の作成等
2日目以降
土木コース・・・道路設計概要、インフラワークやVRを使った3D体験
農業土木コース・・・設計基準からCADを使ったため池の設計体験
ランドスケープコース・・・公園調査、課題抽出、ディスカッション、基本構想体験
地質・土質コース・・・調査計画立案、柱状図作成、地質断面図作成体験
9/10~14
(5DAYS)
1名参加
9/18(1DAY)
2名参加
オリエンテーション、ビジネスマナー、業界説明、社内見学
ドローンや3Dスキャナーを使った現況図の作成等
ランドスケープ業務体験
10/19(1DAY)
1名参加
1/12(1DAY)
4名参加
オリエンテーション、ビジネスマナー、業界説明、社内見学
ドローンや3Dスキャナーを使った現況図の作成等
i-Constructionの事例説明
就活直前セミナー
1/18(1DAY)
4名参加
2/15(1DAY)
7名参加
オリエンテーション、ビジネスマナー、業界説明、社内見学
ドローンや3Dスキャナーを使った現況図の作成等
調査・設計事例の紹介
就活直前セミナー
2/22(1DAY)
7名参加

参加学生の出身大学
大阪府立大学大学院、大阪府立大学、大阪市立大学、大阪工業大学、岡山理科大学、関西大学、金沢工業大学、九州大学、京都府立大学、高知大学、滋賀県立大学、東京理科大学、鳥取大学、兵庫県立大学大学院、三重大学、龍谷大学、

19年卒対象インターンシップの内容
概要
「現場のi-Constructionと4つの専門コースで建設コンサルタントの仕事を3D体験」
先端技術の体験だけでなく、皆さんの興味をピンポイントに刺激する4つのコースを設定しました。また、冬季インターンシップでは、これらに加えて、、就活直前セミナーと題して、就活のポイントを企業側の目線から徹底解説しました。
期間 当日プログラム
8/8~10(3DAYS)
4名参加
1日目 オリエンテーション、ビジネスマナー、業界説明、社内見学
2日目以降
地域計画、事業計画、概算工事費の算出
CAD(道路設計での横断図から平面図を作成)
測量業務について
地質調査業務について・・・断面図の作成
9/13~15
(3DAYS)
6名参加
1日目 オリエンテーション、ビジネスマナー、業界説明、社内見学
2日目以降
設計コース:CAD(道路設計での横断図から平面図を作成)
GIS(安全安心、環境配慮のための調査および調査結果の設計への橋渡し)
地質コース:現地見学、土の試料観察、柱状図・断面図作成
両コース共通:公園計画について
2/20(1DAY)5
8名参加
オリエンテーション、ビジネスマナー、業界説明、社内見学5
CAD操作、地質調査について5
就活直前セミナー

参加学生の出身大学
大阪府立大学、大阪市立大学、関西大学、京都女子大、近畿大学、高知大学、滋賀県立大学、東京農業大学、鳥取大学、同志社大学、立命館大学、山口大学

参加者の声

  • インターンシップを通して、温かい社風と会社の将来性について深く知ることができました。社員の方々は優しい方ばかりで、会社全体としても“地方創生”と“国土強靭化”に重点を置くという明確なビジョンがあることを知り、私が社員の一員として働きたいと思うキッカケとなりました。

  • インターンシップで、就活セミナーや最後に懇親会があった企業はほかになかったので、よかったです。
    また昼食の時に、若手の社員の方とお話でき、些細な事も聞きやすかったです。
    一方で、本社以外でもインターンシップを行うとよいのではないかと思いました。
    私はランドスケープ、計画分野志望だったので、本社でインターンシップを受けられてよかったですが、橋梁や建築志望の方や、大阪・姫路方面に住んでいる方がより参加しやすくなるのではないかと思います。

  • 私はインターンシップを通じて、「社会人としての在り方」を意識できるようになりました。
    最も印象的だったのは、毎日の目標・3日間を通じた目標を決め、その都度振り返りを行ったことです。常に目的意識を持ち、身を引き締めて体験することができました。また、業界・企業の説明や業務体験に留まらず、社会人としての基礎的なマナーを学んだり、社員の方々の仕事への取り組み方を伺ったりもできました。 3日間と短いながらも、様々なことに意識を向けた非常に密度の濃いインターンシップとなりました。