INTERVIEW

生きるうえで欠かせない
「食」の基盤を支える
重要な仕事

2015年入社 技術職

工学部 都市学科卒業

分野間の垣根の
低さに惹かれて

就職活動時、やりたい仕事になかなか巡り会えず、ぼんやりと建設コンサルという職業に興味がある程度でした。そんな中でキタイ設計に出会い、弊社のアピールポイントでもある「分野間の垣根が低く、いろいろな分野に携わることが出来る」という点に魅力を感じました。この会社であれば、自分に適した分野を見つけ、それを目標に日々働くことが出来るのではと思い、入社を決意しました。

「食」の基盤を支える
設計に携われる喜び

現在の部署は主に農業土木を専門としており、農業を営むうえでは欠かすことの出来ない施設(ほ場、水路、農道、ポンプ場等の農業水理施設等)の設計や、機能保全計画(ストックマネジメント)の策定業務に従事しています。入社前、建設コンサルの仕事は、四六時中デスクワークで図面を描いたり計算したりを繰り返すイメージがあったのですが、その考えは一変。実際は、現地調査等で外に出ることも多く、多くの人と関わりながら、業務を進めることが大半です。だからこそ、「コミュニケーション」がとても肝心。現地で発注者や地元の人達の話を聞き、ニーズを引き出しながら、より最適な提案を行う。身体を動かす作業もあり、大変な時もありますが、日本において農業は「衣・食・住」の「食」の基盤といっても過言ではないほど重要なもの。さらにその基盤となる施設の設計等に携わることができ、自らが設計した案を地元の人達に喜んでもらえ、感謝のお言葉をいただけると大きなやりがいを感じます。

自分のやりたいことに
チャレンジできる会社

若手社員が多くなってきている今、早い段階で業務を任せてもらえるようになり、責任感がより一層強くなったと感じています。当然、初めてのことばかりなので一人で進めることは難しいですが、上司や周りの人に相談しながら、理解を深めつつ業務を進めています。最近では、責任感を持ちながら仕事を進めていることで仕事に対する姿勢が徐々に変わっていき、より積極的に業務に取り組むことが出来ていると実感しています。「自分のやりたい分野にチャレンジできる会社」、これがキタイ設計の魅力だと感じています。 当面の目標は技術士の資格を取ること。資格取得に向けての勉学も自主的に行いながら、日々の業務の中で「経験」を積むことでより理解を深めています。また、そのほかの公的資格の取得にも取り組んでおり、今の業務に適した資格を取得し、業務に活かしていきたいと考えています。

1日のスケジュール

社内作業時

8:10
出社
8:30
図面作成
10:00
休憩
10:10
図面作成
12:00
お昼休憩
12:50
発注者との打合せ準備
15:00
休憩
15:10
社内打合せ、図面資料作成等
17:20
残業
18:00
退社

社外作業時

7:20
出社
7:30
移動
8:30
現地調査
12:00
昼食
13:00
現地調査
16:30
移動
17:30
退社