INTERVIEW

営業は会社の先鋒。
相手のニーズを読み取り
信頼関係を築く

2011年入社 営業職

経済学部卒業

「夢を売る仕事」の言葉で入社を決意

緑豊かな山々や田園風景に、歴史情緒が残る街並み。滋賀で生まれ育った自分にとって、慣れ親しんだ環境を離れがたかったため、生涯働くことを見据えたうえで、「滋賀で働く」ことを軸に就職活動をしていました。そんなときに、キタイ設計の会社説明会があることを知り、参加したところ、先輩社員の方が「キタイ設計の営業は夢を売る仕事」と説明されていたのがとても印象的でした。その言葉に魅力を感じ、この会社で働きたいという想いが膨らんでいきました。

営業は会社の先鋒。
信頼関係を築く努力を怠らない

私の主な仕事は官公庁への訪問営業と入札案件の見積作成です。入社前は営業=仕事の大部分が外回りというイメージを持っていましたが、実際は見積もりを作成したり、仕様書の作成に時間を費やしたりと、デスクワークが意外に多いことに驚きました。自分の提案が実際に入札案件として発注され、受注できたときの喜びや達成感は営業ならではの醍醐味ですが、その反面、営業は会社の先鋒でもあります。営業が仕事を受注しなければ技術部に仕事を供給できず、会社経営は成り立ちません。そのことを肝に銘じ、責任感を持って日々取り組んでいます。また、営業職は客先への訪問・会話をする機会が多く、「相手のニーズを読み取る力」が欠かせません。相手のニーズを読み取り、応えることで信頼関係を築くことができ仕事の受注に繋がるので、今後さらにその点を伸ばしていきたいと思っています。

人間関係が良く、風通しの良い職場で、
安心して働ける環境です。

建設コンサルタントという仕事を通して、地域の発展に貢献することが今後の目標。限られた予算のなかで行われる公共事業において、より良いものを提案し、形にできるよう、さらに営業として提案力を養い、地域発展の一役を担えるように取り組んでいきたいと思っています。 会社は人生の多くの時間を過ごす場所であり、人間関係がうまくいかなければ長続きしません。その点、キタイ設計は人間関係が良く風通しの良い職場なので、安心して働ける環境だと思います。やりたいことが決まっておらず悩んでいる学生の方は、一度当社にお越しください。建設コンサルタントという仕事に興味を持ってもらい、いつの日か、一緒に働けることを心待ちにしています。

1日のスケジュール

8:20
出社
8:30
入札案件確認
9:30
入札案件見積
11:30
外回り
12:00
お昼休憩
13:00
訪問営業
16:00
参考見積、仕様書等作成
18:10
退社