INTERVIEW

長く働くためには
職場環境と人間関係の
良さがすべて

2015年入社 事務職

経済学部 経済学科卒業

社員の方々の人柄の良さに入社を決意

就職活動で企業を選ぶ際に心がけていたのが、「3つの軸」です。
1つ目は自分のやりたい職種であること、2つ目は学生時代で培った知識や経験が活かせる仕事であること、3つ目は学生時代、環境経済学を学んでいたことから間接的であっても環境問題に関われる仕事であること。
この3つの条件から企業を探していたのですが、環境問題に関われる仕事というのが文系にはあまりなく、悩んでいたときに、ホームページに書かれていた「環境をデザインするキタイ設計」というコピーが目に留まり、「自分に合っているのかも」と直感。
会社訪問などで社員の方々の人柄の良さに触れたのも決め手となり、入社を決意しました。

定例業務だからこそ、
正確性や効率を考えることが大事

経理担当として、日々の入出金の管理や決算業務などを行っています。
また、総務部の業務としては電話応対や受付業務、備品の発注など会社の運営に関わる様々な業務を担当しています。
経理の業務は、お金に直接関わるところが多く、当然ながら正確性が求められる仕事。
自分がチェックした後に上司にもチェックしてもらい、ミスのないように部署全体で意識を強く持ち取り組んでいます。
経理や総務の仕事は定例業務がほとんどですが、だからこそ同じように業務をするのではなく、「もっと正確に、迅速に進める方法はないか」を常に考えながら業務を進めるように意識しています。

子育て中でも第一線で活躍する
女性社員が多く心強い

キタイ設計の魅力を一言で表すと「社員の方々の人柄の良さ」に尽きます。
所属部署はもちろんですが、仕事で悩んでいたとき、他部署の方も親身になって相談に乗って下さったり「もっとこうした方がいいよ」と的確なアドバイスをもらえることも。
部署の垣根を越えて助け合える環境が魅力だと思います。
また、驚いたのが産休・育休制度を利用している女性社員が多いこと。
入社前は産休・育休を取りやすい環境にあるのか、中小企業であるがゆえに不安がありました。
しかし、実際に就職してみて、産休・育休を経て、出産前と変わらず第一線で活躍している女性社員が多く、自身のロールモデルになり得る先輩がいることが、とても心強いです。

キタイ設計を志望する方へ

数多くの企業のなかで自分に合った企業を探すのは大変だと思いますが、就職活動を通して自分の力を発揮したいと思える会社と出会えることは、今後仕事をする上で大きなモチベーションになります。
長く働くために一番重要なことはやはり職場環境、人間関係の良さだと思います。皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

1日のスケジュール

8:10
出社
8:30
出納関係伝票の起票
10:00
休憩
10:10
月次決算資料の作成
12:00
お昼休憩
12:50
事務所経費の支払いのため、銀行・郵便局へ外出
14:00
月次決算資料の作成
15:00
休憩
15:10
ネットバンキングにて口座残高の確認
16:00
月次決算資料の作成
16:30
ミーティング
17:00
現金出納確認
17:20
着替え
17:30
退社