INTERVIEW

二足の草鞋に挑戦中。
大変さもあるけれど
やりがいも人一倍

2014年入社 技術職

農学研究科卒業

2つの業務を任され
やりがいも十分

大学で学んだ農業土木を活かしたいと思っていたのですが、海外事業にも興味があり、進路を絞りきれずにいました。そんな中、就職支援サイトから送られてきたメールでキタイ設計を知り、興味を持ったのが入社のきっかけです。「人とまちと産業がともに元気な社会の実現に貢献する」という会社の理念に共感したことや、分野間の垣根が低く、働きやすそうな環境であることを知り、「ここならさまざまな経験ができそう」と感じ、入社を決意。実際に現在は、道路設計と海外事業の2つの業務を任せてもらえ、やりがいも十分です。

二足の草鞋で頑張ることで
説明力や調整力が身に付いた

現在は、道路の整備・設計をメインの業務として行い、さらに海外事業グループにも所属し、二足の草鞋で業務を行っています。業務ごとに仕事の進め方や関わる人、チェックするポイントが異なるため、繁忙期が集中すると業務間の調整が難しいときも。ですが、2つの業務を行うことで頭が凝り固まらず、常にフラットな視点で物事を判断できるようになったと実感。「二足の草鞋」は大変なことも多いですが、自分の成長にとってはプラスの効果を生んでいると感じています。 また、2つの業務を遂行することで、やりがいも人一倍。道路設計では、運転中に自分の関わった道路に遭遇するとテンションが上がりますし、海外事業では農家の方たちから「御社からのアドバイスで、売り上げが上がった」と聞くと素直にうれしく、やりがいを感じます。入社前は人に説明をするのが苦手だったところもありましたが、さまざまな業務に挑戦させてもらえる中で、「説明力」「調整力」が少しずつ身に付いてきたなと実感しています。

ほとんどの社員が顔見知りで
温かい社風が魅力

キタイ設計は支社含め200名強の社員数なので、ほとんどの社員が顔見知り。本当にみんな仲が良いんです。同じ社屋の方はもちろん、他支社の方も滋賀で出張に来られるたびに飲み会に誘ってくれたり、他支社からかかってきた電話を取り次ぐときも、「最近どう?」とやさしく気にかけてもらったり。部門や上司・部下はもちろん、支社の垣根を越えてフランクに話すことができる風通しの良さはキタイ設計ならではですね。また、社員の声が届きやすく、制度導入や改善をすぐに検討してくれるのも、キタイ設計の風通しの良さを象徴していると感じます。
今は、やりがいのある毎日を送っていますが、自分の設計に対して説得力を高め、満足してもらえる提案をしたい。そのためには、技術士の資格取得が近道。これからもチャレンジ精神を持ち続けながら、業務に邁進したいと思います。

1日のスケジュール

8:25
出社
8:30
メールチェック
9:00
設計検討資料の作成、業務調整の電話やメール
12:00
寮に戻り昼食
12:50
設計検討資料の作成、業務調整の電話やメール
18:00
退社