インターンシップinternship

こんなことしています

私たちは、インターンシップを、単なる就業体験や会社説明会の場ではないと考えています。 学生さんにとっては、社会人生活を肌で感じる初めての機会であり、自分の将来を大きく左右しうる重要な場でもあります。

だからこそ、企業側からの目線ではなく、開催時期ごとに学生さんが知りたい、見たい、体験したいことが何かを考えて、手作りのインターンシップを開催しています。

また、インターンシップに参加している時間は、学生さんも社員の一員です。基本的なビジネスマナーを体験したあと、1日の目標を設定、夕方にはふりかえりの時間を設けることによって、目的意識を持って参加できるように配慮しています。

こう感じてほしい!

まずは、建設コンサルタント業界の魅力を知ってほしいと思っています。 そして、建設事業の最上流で活躍することの楽しさとともに、キタイ設計社員のスキルを肌で感じつつ、自分がそこで活躍している姿を夢見てほしいと思っています。

そこまでではよくあるインターンシップに過ぎません。 昨年の冬のインターンシップでは、就業体験のあとで、就活直前セミナーと銘打ち、企業側の目線で就活を徹底解剖しました。

  • 面接での質問を意識したエントリーシートの書き方
  • 合同説明会、会社説明会で企業側が何を見ているか? また、学生側の目線で何を観察すべきか?
  • 面接で企業側が知りたいこと。
  • グループ討論会ではどのようなことに留意すべきか?
  • 就活中のレスポンスの重要性

ある学生さんが、「御社を受験する可能性がある私たちに、なぜそこまでのことを教えるのですか?」と質問されましたが、私はこう答えました。 「どこを受験するかはともかく、貴方たちが後悔することのない就活を送り、希望の会社に入って欲しいからです。」

結果として、キタイ設計に来てもらえれば嬉しいのはもちろんですが、最終的にどこかの会社に就職することが決まった時に、キタイ設計のインターンシップを受けてよかった!と感じてもらいたい・・・と思っています。
24年卒対象インターンシップの内容
概要
「学んだことが必ず活きる!インターンシップ」 大学での学問が実社会でどのように活用されているかを実感できるプログラムを準備しました。また、しくじらないための就活準備セミナーと題して、就活のポイントを企業側の目線から徹底解説しました。
期間 当日プログラム(各日程)
8月17日~19日(対面・3days・本社) 農業土木分野 ・全コース共通 ガイダンス~インターンシップの目標設定、建設業界における建設コンサルタントの位置づけ、当社のご紹介、Office訪問~若手社員へのインタビュー、希望分野別の業務体験、しくじらないための就活準備セミナー、ふりかえり~フィードバック・希望分野別の業務体験(※以下、対面実施のインターンシップ内容について一部記載)

8月17日~19日:構造計算・水理計算を用いた構造物の断面検討(農業土木分野)

8月24日~26日:生活に役立つ道路の実例と3Dモデルを利用した道路設計体験(道路分野)、調査計画から試料観察・柱状図/断面図作成から総合解析とりまとめ(防災地質分野)

9月5日~7日:構造力学と構造物の設計計算、動的解析モデルを利用した橋脚の構造解析体験(橋梁分野)  
8月24日~26日(対面・3days・本社) 道路分野 防災地質分野
9月2日(WEB・1day) 農業土木分野
9月5日~7日(対面・3days・大阪支社) 橋梁分野
9月9日(WEB・1day) 道路分野
9月26日(WEB・1day) 防災地質分野
12月16日(WEB・1day) 地域計画分野
12月26日(WEB・1day) 農業土木分野
1月20日(WEB・1day) 橋梁分野
2月15日~17日(対面・3days・本社) 農業土木分野 道路分野 防災地質分野
参加学生の出身大学

秋田大学、宇都宮大学、愛媛大学、大阪府立大学、岡山理科大学、九州大学、京都先端科学大学、近畿大学、静岡大学、島根大学、千葉大学、千葉工業大学、東京農業大学、鳥取大学、富山県立大学、名城大学、三重大学、明治大学、立命館大学、龍谷大学
 
23年卒対象インターンシップの内容
概要
「貴方だけの手作りインターンシップ」 先端技術の体験だけでなく、参加学生ひとりひとりの希望分野や希望日程に合わせてインターンシップをオーダーメイドしました。また、しくじらないための就活準備セミナーと題して、就活のポイントを企業側の目線から徹底解説しました。
期間 当日プログラム
8月30日(1day) 河川・砂防分野 ・全コース共通 ガイダンス~1日の目標設定、建設業界における建設コンサルタントの位置づけ、当社のご紹介、Office訪問~若手社員へのインタビュー、希望分野別の業務体験、しくじらないための就活準備セミナー、ふりかえり~フィードバック・希望分野別の業務体験

8月30日:ゴム堰構想設計業務9月2日 :橋梁補修工法の検討9月6日 :ため池整備工法比較検討9月30日:道路条件と幅員構成の整理

2月10日:ため池整備工法比較検討

2月15日:ため池整備耐震対策検討

2月22日:道路条件と幅員構成の整理
9月2日(1day) 橋梁分野
9月6日(1day) 農業土木分野
9月30日(1day) 道路分野
2月10日(1day) 農業土木分野
2月15日(1day) 農業土木分野
2月22日(1day) 道路分野
参加学生の出身大学

岩手大学、大阪産業大学、大阪市立大学、大阪府立大学、岡山大学、岡山理科大学、関西大学、北里大学、近畿大学、県立広島大学、工学院大学、高知工科大学、埼玉大学、東海大学、東京都市大学、東京農業大学、東京農工大学、東北工業大学、鳥取大学、富山大学、日本大学、人間環境大学、兵庫県立大学、広島工業大学、立命館大学、龍谷大学  

参加者の声

  • 良かった点は2点あります。1点目は、インターンシップの冒頭に、インターンシップ参加の目的を確認する時間があったことです。この時間があったことにより、インターンシップに対して目的意識を持って参加でき、より充実した時間を過ごすことができたと思います。2点目は社員の方にインタビューする機会が設けられていたことです。実際に貴社で働いている方のお話を聞くことで、自分が社会に出て仕事をしている姿を想像することができました。イマイチだった点としては、もう少し休憩時間が欲しいと思いました。WEBでのインターンシップだったので、長時間にわたりディスプレイを見続け、目が大変疲れてしまいました。

  • 夏期に実施して頂いたインターンシップは、貴社で行われている業務についてイメージを持つための貴重な機会になったと感じています。特にワークを通して、貴社の方々の実践的な考え方を学ぶことができ、参加して良かったと感じました。またリレー式インターンシップでは、様々な立場の社員の方々からお仕事や貴社に対する思いを伺うことができました。そのため、貴社で働かれている方々がどのような方達なのか知ることができ、職場の雰囲気を感じることができたと思っています。全体を通して、WEBという難しい環境でも雰囲気が伝わりやすいよう実施して頂いたと感じており、貴社について知る上で有意義な時間を頂いたと感じております。

  • インターンシップの開催ありがとうございました。Web でのインターンシップに参加させていただきましたが、その様な形式だと社内の雰囲気が伝わらないだろうという配慮から、モニターを通じて社内見学をしていただいたことが印象的です。その様に開催していただいた企業さんは他になく、「相手のことを常に考える企業」であることを感じました。私たち学生のことを思って企画してくださったことがうれしく、自分が社会に出た時に一緒に働きたいと思いました。業務体験だけではなく、就活についてのアドバイスを具体的にいただけて充実した経験となりました。

  • インターンシップに参加させていただいたことで、貴社のホームページ等では知ることのできなかった、従業員の方の業務に対する姿勢や職場環境を伺うことが出来ました。また、道路設計や公園の長寿命化について新たな知識を得ることが出来ました。そして就活準備セミナーで、八木様ご自身の自己PRをご紹介いただいたことで、貴社で働かれている皆様の特性や価値観、人を大切にされている貴社の経営理念をより理解することが出来ました。今後、もしインターンシップを受けさせていただけるとしたら、人事や技術職の方1名、インターンシップ生2、3名のグループをつくり、そのなかで質問やお話させていただける機会があると嬉しく思います。

  • 先日はお忙しい中インターンシップを開催していただき、誠にありがとうございました。オンラインではありますが、当初の目的の一つであった社内の雰囲気や社風について感じられました。貴社の最大の魅力である「アットホーム」について、プログラムや社員間のコミュニケーションを通して伝わりました。事業内容についても、業務体験や社員インタビュー、業界説明での貴社の考え方から深く知ることができました。特に業務体験では、これまでの事例を挙げて、地域のニーズや周辺状況を基に、どういった部分を道路設計では考えるべきか学びました。お時間の関係もありますが、社員インタビューで学生から質問できればよかったなと感じております。今後のインターンシップに向けて、ご検討宜しくお願い致します。

  • オンラインながら、貴社の雰囲気を感じ取ることができたインターンシップでした。社員の方同士の会話から和やかな雰囲気が画面越しに伝わってきました。希望分野別での仕事体験では業務内容の説明だけでなく、私たち自身で実際にあった事業について考える機会があったことで、業務について理解を深めることができました。就活セミナーでは、他では聞けない企業目線でのお話を聞くことができ、自分の成長につなげることができました。コロナウイルスの関係で対面でのインターンシップに参加できる機会が激減してしまったので、現場での業務の様子などを知ることのできる動画や画像が多くあるとより業務に対する理解が深まるのかなと思います。

  • 2019年夏季・冬季インターンシップでは、実際の業務内容、UAVや3次元データの業務での活用方法、就職活動について教えていただきました。 業務体験では具体的な業務内容を知ることで、3次元データの活用方法や他業務との関わり方を学ぶことができ、実際の業務が様々な部署と連携して行われていることを実感することができました。 就職活動セミナーでは、業界・企業研究、就職活動での準備、面接の対策などを詳しく教えていただいたことで、早い段階で就職活動と向き合うことができました。 インターンシップにおいて、非常に有意義な時間を過ごさせていただきましたので、不満に感じたところは一切ありません。 これから就職活動を行う後輩に、紹介したいと思えるインターンシップでした。

  • ・人事担当者だけでなく、上層部の方や若手社員の方などたくさんの方にお会いする機会があったので、会社の雰囲気がよりダイレクトに伝わってきた。 ・3Dハンディスキャナーなど実際に機会に触れることができたのがよかった。 ・希望の部署ごとに体験ができて、仕事内容のイメージがつかみやすかった。 ・就活セミナーを行ってくださり、ただ会社の宣伝をするだけでなく就活生に寄り添ってくださっているのを身に染みて感じた。その後の就職活動に非常に活きた。 ・他の大学の就活生と関わる機会を接触的に設けていただいたのがよかった。

  • インターンシップの際には交通費の支給や宿泊場所の確保などサポートが手厚く、地方大学の学生でも参加しやすい環境だと感じました。1日という短い時間の中でも業務説明や仕事風景見学以外に3Dハンディースキャナーやドローンの操作の3D体験をはじめ、自己紹介や目標など発表の機会も多く、適度な緊張感の中で目標を意識することができ、受け身として説明を聞くだけではなく、今後どのように就職活動に向けて準備し、就職試験や面接に臨んでいけばよいかを考えるきっかけになりました。社員の方々や同じ就活生とも交流を深めることができ、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。このようなインターンシップを主催して頂き、本当にありがとうございました。

  • 夏季インターンシップでは、5日間ランドスケープ部門での実習を体験させていただきました。実習では、特に最終日に取り組ませていただいた実際業務の一部として資料作りをさせていただい事と、しくじらない就活セミナーが印象に残っています。自身の為にもなり、また実際に働くイメージがしやすい業務でした。 冬季インターンシップでは、1日間地区マスタープランの作成業務を体験させていただきました。短い時間ではありましたが、実際に業務として行う際の留意事項など、学校だけでは学べないようなことを体験することができました。自分自身の強みとまだまだ学習すべきだなと実感するようなことを学ぶことができ、有意義でした。 貴重な機会を設けていただき、ありがとうございました。

  • ・ 名刺交換の練習など社会に出てから役に立つことを教えていただいた点。 ・ 最初に目標確認を行うことで、目的意識を持って、中身の濃い時間を過ごせた点。 ・ 就活準備セミナーで自己分析や業界分析の方法などを細かく教えていただき、実際就活をするときに非常にためになった点。 ・ 就業体験ではCADやイラストレーターなど実際に仕事で用いるものを扱わせていただいた点。 ・ 夏季インターンシップと冬季インターンシップでどちらも懇親会を開いていただき、社風を知る機会をいただけた点。

  • 良かった点は、会社の社員の方々の雰囲気を実際に体験できたことや、社員の方々の声を直接お聞きすることができたことです。また就業体験においても、これから実施される業務内容であったため、リアリティがあり自身が大学で学んできた専門分野の知識がどれだけ発揮されるのかの力試しにもなり、すごく貴重な体験ができました。 全体の評価としてはパンフレットでは知れない、様々なことが体験できました。貴重な時間を頂きありがとうございました。

  • インターンシップを通して、温かい社風と会社の将来性について深く知ることができました。社員の方々は優しい方ばかりで、会社全体としても“地方創生”と“国土強靭化”に重点を置くという明確なビジョンがあることを知り、私が社員の一員として働きたいと思うキッカケとなりました。

  • インターンシップで、就活セミナーや最後に懇親会があった企業はほかになかったので、よかったです。 また昼食の時に、若手の社員の方とお話でき、些細な事も聞きやすかったです。

    一方で、本社以外でもインターンシップを行うとよいのではないかと思いました。 私はランドスケープ、計画分野志望だったので、本社でインターンシップを受けられてよかったですが、橋梁や建築志望の方や、大阪・姫路方面に住んでいる方がより参加しやすくなるのではないかと思います。
  • 私はインターンシップを通じて、「社会人としての在り方」を意識できるようになりました。 最も印象的だったのは、毎日の目標・3日間を通じた目標を決め、その都度振り返りを行ったことです。常に目的意識を持ち、身を引き締めて体験することができました。また、業界・企業の説明や業務体験に留まらず、社会人としての基礎的なマナーを学んだり、社員の方々の仕事への取り組み方を伺ったりもできました。 3日間と短いながらも、様々なことに意識を向けた非常に密度の濃いインターンシップとなりました。